これからの時代、再現性のあることより、再現性のないことをやるべき

エクスマ, 学び

こんにちは、おたる政寿司の三代目の中村圭助です。

今日は師匠藤村先生が毎月北海道にきてセミナーをやっている「比布町エクスマ化プロジェクト」の中でゲスト講師として一時間講演させていただきました。

比布町役場にて

講演する立場として行ったのですが逆に学ぶことばかりっす!!

藤村先生とサポートメンバーで打ち合わせしている時

再現性のあることをするから他と同じになるんだよ。再現性のないことをやったときにはじめて独自性がでるんだよ!!

何気なく藤村先生が言った言葉でしたが、思いおこしてみれば僕は再現性のあること結構やってます。

レシピ、マニュアル化など会社としての機能を効率的にするために結構再現性の高い仕事をやっていました。あらためてだめだなーと思った。

藤村先生とツーショット

安全面、衛生面などはみんなが同じように高いレベルで再現性を高くすることは大切だと思うけど、商品、サービスはそれでは他と同じになってしまいますね!!

今日の講義の中ではロジック的な考え方、数値から判断するシナリオ、再現性の高い仕事をする時代はとっくに終わっていて、感性や直感、数値に出てこない感情的な部分がもっとも大切だということを改めて学ぶことができました。

わかっていたようだけど、実際にはやってなかったってことです。反省です。

ということで、自分の中で寿司を通して再現性のない仕事。実は僕の好きなことのなかにあることも気づいているので、それを具現化していこうと思った今日のセミナーでした。

 

 

 

コメント

コメント

 この記事の投稿者

小樽の寿司屋の三代目の中村圭助

小樽の情報や寿司の豆知識等伝えて行きたいと思います。

  • おたる政寿司ホームページ
  • おたる政寿司facebook
  • 三代目twitter
  • 三代目facebook
  • 
小樽観光の楽しみ方facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ